検索

カード現金化がグレーゾーンってどういうこと?

最近良く目にするクレジットカード現金化の広告。ちょっと現金がほしいときにドキっとしますよね。

しかし実はクレジットカード現金化は違法とまではいえないですが、限りなく黒に近いグレーゾーンなのを知っていましたか?

現金化業者が摘発される場合

金銭の貸し借りをビジネスとして行う場合は、貸金業法に従う必要があります。しかしクレジットカード現金化の業者の多くは無許可営業です。ですから、業者は商品を購入させ(取引金額と同等の価値はない)、この貸金業法に引っかからないようにしているのです。このとき所有しているのは古物商の許可のみという場合がほとんどです。

しかし取引の目的が金銭の貸し付けであると見られた場合は摘発されます。

利用者が摘発される場合

今の時点で利用者が摘発されたというケースはありません。しかし詐欺罪や横領罪で摘発されるというケースもゼロではありません。クレジットカードのショッピング枠を利用して購入したものはその代金の支払いが終わるまで、クレジットカード会社にものの所有権があると考えられています。しかし代金の支払いが完了する前に転売をするということは横領とみなされる可能性があるのです。

またクレジットカード会社はカード現金化を認めていません。ですから意図的にカード現金化をするという行為は、金銭を違法に搾取しているとみなされることもあるのです。

今後どういった法整備がされるのか、きちんと注目していく必要がありますね。

ページ上に戻る